スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドアンドショルダー

2010.05.30.01:16

トレンド転換のパターンの中でも最も有名なパターンだと思います。先述のエリオット波動でも解説は可能だと思いますが、このパターンは上昇から下降にかけて、3つの大きな山を形成します。

中央に位置する山をヘッド(HEAD)、左側の山をレフトショルダー(LEFT SHOULDER)、右側の山をライトショルダー(RIGHT SHOULDER)と名付けています。

出来高の大きさから説明しますと、レフトショルダーが最も多く、次にヘッド、そしてライトショルダーという順番で減少していきます。

ヘッドを形成する山が天井をつけた後、下降局面に入るとき、一番初めに前回の天井(レフトショルダー)を割り込みます。次にこれまでの上昇トレンドのサポートラインを割り込み、仮の底を形成します。しかし、この底はレフトショルダーとヘッドの間に形成された底と比べると若干高めに現れます。(必ずしもそうなる訳ではなく、確率的に多い)

この二つの底を結ぶラインがネックライン(NECK LINE)と呼ばれています。これで人間の頭、左肩、右肩、首が形成されているわけです。ライトショルダーの天井はやはりヘッドを上抜くことはできずに、下降を始めます。

このとき、ネックラインを割り込み、下降トレンドが確定するという流れになります。一旦、底をつけた後、反転しますが、ネックラインが今度はレジスタンスラインとなってしまい、頭を抑えられてしまいます。通常の下降トレンドに関する目標設定は次のように考えます。

「ヘッドの頂点からネックラインに垂直に引いた距離と同じだけの距離をネックラインを割り込んだ価格からさらに下げて算出」

という具合です。

下降トレンドから上昇トレンドに向かう、逆ヘッドアンドショルダーやヘッドアンドショルダーフェイラーという失敗例もあるようですが、ここでは割愛させていただきます。

さらに詳しく知りたい方には以下の本がお勧めです。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

レクタングル

2010.05.28.12:27

レクタングルとは日本語で長方形を意味しています。

トレンドの小休止で出る長方形のパターンです。上下の2本のラインが水平に進むため、交わることがありません。これはトライアングルのパターンとは大きく異なる点です。

この形状はトレーディングレンジとかコンジェスチョンエリアとも呼ばれることがあります。ダウ理論ではラインというそうです。

但し、注意すべき点は例えばブル相場の場合、レクタングルの上部に形成される山がトリプルトップを形成し、トレンド転換に繋がる可能性も捨てきれないということです。

形状の中での出来高の推移はブル相場の場合、上昇する際に出来高が増し、下降する前に出来高が減少するのが一般的なようです。

トレンド追随型のトレーダーには若干やりづらい相場のパターンですが、逆に上値・下値を限定できるので、逆張りで仕掛けるという方法もあるかもしれません。もちろんブレイク時の危険性を防止するためにロスカットは予め設定する必要があるでしょう。

さらに詳しく知りたい方には以下の本がお勧めです。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

ウェッジ

2010.05.28.12:09

このパターンは完成期間がおよそ1ヶ月~3ヶ月間程度かかる中期的なパターンです。

ウェッジは日本語でくさびを意味しているため、形状はシンメトリカルトライアングルに近いものですが、違いはその傾斜にあります。

例えばブル相場の場合、リバーサルポイントは上部ラインで上値抵抗があり縮小しますが、下部ラインでは若干水平ラインを割り込み、リバーサルポイントが発生します。(ですからディセンディングトライアングルとも似ているようで違います。)

そうするとこのくさびは右肩下がりの鋭角なものになるわけですが、ここまで見ていると感覚的に下にブレイクしそうですが、ペナントの時と同様に上に向かってブレイクします。

この逆でベア相場の場合はくさびの形状は右肩上がりになります。

くさびを形成している間の出来高は細りますが、ブレイクとともに増加する傾向があるのも他のパターンと似ていると言えるでしょう。

またAPEXまでの2/3は少なくとも形成し、時にはAPEXまで到達するケースもあるようです。この点がシンメトリカルトライアングルとは大きく違う点になります。

さらに詳しく知りたい方には以下の本がお勧めです。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

フラッグ&ペナント

2010.05.28.00:36

フラッグとペナントは先物市場では比較的頻繁に見られます。

やはりコンティニュエーションパターンに属し、急激な上昇や下降の行き過ぎがあり、市場が同じ方向へ動き出す前に必要となる息つきのための一時休止の場所になるそうです。

例えば、ブル相場のケースではパターン形成に入る前に、大量の出来高と急激な価格上昇が見られ、次にこのパターンが形成されるに従い出来高は減少し、その後突然活発な取引の中で上昇するという傾向があるようです。

フラッグは旗のような形を言いますが、ブル相場の場合はこの旗は少し右肩下がりになります。それまで一辺倒に上昇してきたラインがちょうど旗の棒の部分とも言えるでしょう。右肩下がりになると相場が値を崩すような気がしますが、このフラッグが出た時はその逆で上昇する寸前であるということです。

ペナントはシンメトリカルトライアングルと同じような形状です。

フラッグとペナントに共通して言えることは、短期を判断するパターンであるということです。期間はおよそ1週間~3週間以内に完成されることが多く、下方トレンドでのペナントやフラッグは特に短期間で形成され、1週間~2週間くらいと言われています。

ブレイクする際の出来高が増加する点も共通点です。

目標設定の考え方は、このフラッグやペナントを支える棒の長さと同じくらいの長さでトレンドが継続するということですから、単純に倍にすればいいということになるようです。

さらに詳しく知りたい方には以下の本がお勧めです。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

ディセンディングトライアングル

2010.05.27.17:37

このパターンはアセンディングトライアングルの逆パターンと考えていいと思います。

下部ラインが水平になり、上部ラインは右肩下がりに向かっていきます。通常、出来高は上昇する際に減少し、下降する際に増加するのがこのパターンの特徴で、最終的にトライアングルを下に向けてブレイクする際はやはり出来高を伴ってブレイクします。

ブレイクした後は下部ラインが抵抗線になり、頭を抑えられることになります。

目標ラインはやはり他のトライアングルと同じく、トライアングル左側の垂直ラインの長さをブレイクポイントから伸ばした所になるようです。

シンメトリカル
アセンディング
ディセンディング

の3つのトライアングルは期間的には1ヶ月~3ヶ月間の中期的な長さを説明する際に有効とされています。

パターン形成までに1ヶ月間を必要としない短期的なパターンではペナントのようなパターンがあるようです。

さらに詳しく知りたい方には以下の本がお勧めです。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

アセンディングトライアングル

2010.05.27.17:24

これはシンメトリカルトライアングルの変形パターンとして見ることができます。

上部ラインが水平ラインになり、下部ラインがAPEXに向かって右肩上がりになります。
このパターンの特徴は常に強気相場に現れてくるため、一般的にはブル相場で見ることができます。

よって、上部ラインを出来高を伴ってブレイクすることで決定的なトレンドの始まりとなるようです。上部ラインはその後のサポートラインになりますが、サポートラインに下げてくる場合の出来高は通常減少傾向にあるようです。

目標ラインはシンメトリカルトライアングルと同じく、トライアングルの左側垂直線の最も長いラインをブレイクポイントから伸ばせば、設定が可能です。

さらに詳細を知りたい方は以下の本がお勧めです。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

シンメトリカルトライアングル

2010.05.27.17:06

このパターンのトライアングルはトライアングル終結後、再び元のトレンドに戻る可能性が高いと言われています。トライアングルを形成するためには最低でも4点のリバーサルポイントが必要になります。

ブル相場だと仮定すると、最初に山頂に来るポイントは1番目のリバーサルポイントになります。そして次に下げて行く中で、目先の底のポイントが2番目のリバーサルポイントになります。その後は1番目のリバーサルポイントのラインをブレイクできずに山を作り(3番目のリバーサルポイント)、その後やはり2番目のリバーサルポイントを下にブレイクできずに底(4番目のリバーサルポイント)を形成します。そういう段階を踏み、上部のライン(1番目と3番目を結ぶライン)と下部のライン(2番目と4番目を結ぶライン)がゆっくりと対称的に近づいて行くのが、シンメトリカルポイントの特徴です。

上記はシンメトリカルトライアングルの最低限の要素ですが、通常は6点のリバーサルポイントで形成されることが多いようです。言い換えると3つの山と3つの谷で5つの波を形成することになります。

全てのトライアングルにはタイムリミットがあります。それは上下の2本のラインはそのまま時間が経過すると交差してしまうからです。この交差する点をAPEXと読んでいますが、そのAPEXに向かう半分の地点、もしくは3/4の地点で元のトレンドと同方向にブレイクするパターンが一般的になります。

ブレイクした後はこれまでのラインがサポートラインになるということです。

但し、3/4を過ぎてもトライアングルの中に価格が形成される場合は、トライアングルの効力が失われるそうです。それはまさに本当のレンジに入ってしまったということかもしれません。

出来高はトライアングルの価格幅が狭まるにつれて減少傾向になります。
これはその他のトライアングルでも基本的には同じようです。

ブレイクの後は出来高は目に見えて増加する傾向にあります。

またトライアングル形成中、上昇時期と下降時期を比較すると上昇時期に出来高が増加する傾向にあるようです。

最後に目標の設定方法ですが、簡単な方法はトライアングルの左側の垂直のラインの長さをブレイクポイントもしくはAPEXのポイントからそのまま引けばいいそうです。もうひとつの方法は1番目の点を軸に下部のラインと平行になるラインを引き、ブレイク後のラインをそのまま延長すればぶつかる点が目標になるそうです。

あくまでもパターンの認識は大雑把に捉えるべきだと思いますが、知らないよりは知っていた方が良いと思いますので、より詳細を知りたい方は一度以下の本を読んでみてください。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

トライアングル

2010.05.27.13:39

パターンの内容に関しては、ジョン・J・マーフィー氏による解説をもとにまとめて行きたいと思います。

まず、コンティニュエーション・パターン(保ち合い相場)の中でもトライアングルに関してまとめてみます。トライアングルが発生するパターンは通常、短期・中期パターンが一般的です。もちろん長期でも発生する可能性はありますが、確率的なお話です。

トライアングルは以下の3種類に分かれます。

・シンメトリカルトライアングル(対称)
・アセンディングトライアングル(上昇)
・ディセンディングトライアングル(下降)

例外としては、

・エクスパンディングトライアングル
・ブロードニングフォーメーション

などもありますが、ここでは省きます。

シンメトリカルトライアングルは水平に先細っていくタイプのトライアングルになります。アセンディングトライアングルはトライアングルを形成する上部のラインが水平に、そして下部のラインは右上がりになります。ディセンディングトライアングルはその反対で下部のラインが水平に、そして上部のラインが右下がりになります。

シンメトリカルトライアングルは通常一時休止期間として発生するため、これまでのトレンドをブレイクの後は継続することになることが多いようです。アセンディングトライアングルはブル相場に、ディセンディングトライアングルはベア相場に発生し、やはりどちらもこれまでのトレンドを継続するパターンが多くみられるようです。

出来高の増減に関しては、個別にまとめていきたいと思います。

短期・中期だけではなく、日中の日経平均の流れもいろいろなパターンを発生します。
そういう視点で見ると楽しいですね。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
日経225トレーダー日記
独自の手法でトレード中

Dinapoli Rider

Author:Dinapoli Rider
3年近く引き籠って本を読み、研究を重ねてきました。いろいろな本から自分自身の分析方法を見つけだし、独自のスタイルでトレードをしています。

Skype
ログイン状態
Blog Link
Link
カテゴリ
FX (12)
RSI (1)
株式投資の名言
タイ・バンコクのホテル予約
最新記事
免責事項 事前危険告知
このブログに記載される一切の内容は閲覧者に対するトレードの指示等ではありません。全てのトレード等は自己の判断でお願いします。このブログを閲覧する全ての方のトレード等による損失に関しては一切の責任は負いかねます。事前に告知させていただきますので、予めご了承の上ご覧ください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
FC2カウンター
ブロとも一覧

平凡な会社員の片手間投資日記
最新トラックバック
月別アーカイブ
Golf
HP Directplus
Yahoo Shoping
Click
Amazon
ブロとも申請受付中

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。