スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ

2010.05.13.23:52

この本の初版は2008年9月1日です。

そしてまさにその直後、リーマンショックが起こりました。
正直、もう少し前に翻訳出版されていれば、いろいろな意味で命拾いした人たちも数多くいたのではないかと思います。

そのようなことはさておき、本書ではソロス氏自身の生い立ちから始まり、「再帰性」の理論と金融市場における「再帰性」を説明後、超バブルという仮説を立てています。

特にバブルに関する見識が豊富な方ですが、これまでどのようにして利益を出してきたか、また2008年のマーケットはどのように推移するのかということが書かれています。

また最後にはまさに政府に対する警告とでも言える具体的な政策提言がなされています。
ここまで巨額の利益を出した著者は我田引水的な内容ではなく、本質を見て書いている内容だと思いますし、すでにそれは過ぎ去った歴史が物語っていますので、今でも一読の価値はあると思います。

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ
(2008/09/02)
ジョージ・ソロス松藤 民輔 (解説)

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密

2010.05.13.23:48

ジャック・シュワッガー氏の第二弾。

第一章ではサダム・フセインが自分の人生を誤ってしまったことを例に出し、トレードとして検証しています。

第二章では通貨のトレーダーに焦点を絞り、第三章では先物取引のトレーダーを取り上げています。
一冊目の本で紹介されたリチャード・デニスのパートナー、ウィリアム・エックハートにもインタビューを行っています。またタートルズに対するインタビューの様子もありますが、これはほとんど面白いくらい役には立ちません。多くの方がご存じの通り、タートルズはインタビュー当時は秘密主義が徹底されていたからです。

第四章ではソロスの下で働いたスタンレー・ドラッケンミラーも登場。

第五章ではマルチマーケットプレーヤーに焦点を当て、第六章ではCRTや元ギャンブラーのブレアー・ハルなどもインタビューに応じています。

第七章では一冊目と同様に心理学に焦点を当てています。

そして第八章ではまとめとして金言集42カ条をあげています。

特にトレードに失敗し、自信を喪失するような機会があった時に読み返すと本当に心に響くものがあります。
もちろんそういう経験は少ないほうがいいのですが、もし自信喪失している方があれば、一度相場を休んで読んでみると何かヒントになるものがあると思います。

新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密 (ウィザード・ブックシリーズ)新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密 (ウィザード・ブックシリーズ)
(1999/03/15)
ジャック・D. シュワッガーJack D. Schwager

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

2010.05.13.22:37

ジャック・シュワッガー氏が伝説的になったトレーダー達に直接インタビューを行い、その様子を克明に記録した本です。

第一章では先物と通貨をトレードしているトレーダーが中心です。
タートルズの生みの親、リチャード・デニスに対するインタビューなども含まれています。

第二章では株式を中心にトレードする方たちが中心です。

第三章では好対照のふたりということでジェームス・B・ロジャースとマーク・ワインスタインを挙げています。

第四章ではフロアから見た視点に絞っています。

第五章ではトレードの心理学ということで多くのトレーダー達の心理分析をしてきた博士とのインタビューなども見逃せません。

どのトレーダーにも共通している点は強固な精神を持ち、自分のスタイルを貫いていることでしょうか。
読んだ後、自分が伝説的なトレーダーになれるような錯覚に陥ってしまいます。

トレードのヒントが豊富にあるこの本はお勧めの一冊です。

マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
(2001/08/01)
ジャック・D. シュワッガー横山 直樹

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

ソロスは警告する 2009 恐慌へのカウントダウン

2010.05.09.00:43

最近、読む本が溜まっていてようやくここまで辿り着いた気がします。すでに今は2010年になってしまっているのですが、一年以上も前にここまで書くことができる人はやはり天才だと思いました。

本書の内容は「ソロスは警告する」で見通せたこととはずしたことを説明することから始まり、2008年の自分自身の投資実績、これからの経済回復への処方箋、2009年の見通し、そして自分自身の再帰性理論にまで及びます。

個人的な感想としては、前回の「ソロスは警告する」よりもわかりやすく、読みやすかったような気がします。

リーマンブラザーズを倒産させてしまったポールソン財務長官とパーナンキFRB議長の責任があり、特に財務長官が市場原理主義者だったために今回の倒産が起こり、それが引き金になった世界同時不況が始まったと解説しています。

そしてアメリカがこの不況を脱するために行わないといけないことが箇条書きにされていて、著者自身が財務長官をやればどうかなというくらい鋭いものがたくさんありました。

また中国、インド、ヨーロッパ、ロシアなどの各国の状況を踏まえた解説も読み応えがありました。特にEUが持つ統一されていない金融制度が問題視されていて、まさに今の世界の現状をリアルタイムで理解することができ、大変参考になりました。

まだ読んでいない方には是非お勧めです。

ソロスは警告する 2009 恐慌へのカウントダウンソロスは警告する 2009 恐慌へのカウントダウン
(2009/06/12)
ジョージ・ソロス松藤 民輔 (解説)

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

世紀の相場師ジェシー・リバモア

2010.05.06.23:56

伝説的な相場師は歴史上に何人かいたと思いますが、この方は衝撃的な人だと思います。
14歳にしてトレードを始め、たった5ドルのお金を莫大なお金にした人はそんなに数多くないでしょう。

1929年の世界大恐慌の際にウォール街のグレートベアと呼ばれたほど、カラ売りで巨額の利益を生み出した一匹オオカミだった相場師です。

この本はそのグレートベアと呼ばれるまでになったリバモアの生涯を克明に描いています。
何度も巨万の富を得た後、破産しては立ち直りということを繰り返したわけですが、お金を稼ぐというよりかは、相場の世界で目に見えない真理を追究し続けたという言い方が正しいかもしれません。

もし家族の関係がより良いものであれば、最後の自殺という結末には至らなかったのではないでしょうか。
お金がすべてではない、と今もリバモアがあの世から語りかけてくるような気がします。

トレードに疲れたときには一度読んでみるのもいいと思います。
きっと何かのヒントが見つかるかもしれません。

世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)
(2001/06)
リチャード スミッテン

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」

2010.05.05.10:21

伝説的なトレーダー、ギャンについて書かれた本です。
28の鉄則は読んでみれば言い古された内容ばかりですが、実際にトレードの中で実行する難しさは誰もが感じることではないかと思います。

ギャン自身のトレンドのつかみ方は独自のシステムを利用しており、とても難解です。

ただトレンドをつかんだ後のポジションの持ち方は意外と簡単だと思います。トレンド転換の際にテスト的にポジションを持ち始め、それから徐々に増やしていくというやり方はせず、ギャンはトレンド転換だとわかった瞬間から最も大きいポジションを持つのです。

その後、もし思惑とは反対方向に向かった場合、即座に損切りを行うのですが、思惑通りに相場が動いた場合は、ピラミディング方式でどんどんポジションを増やしていきます。

先に進めば進むほど、一度で持つポジションが細り始め、その先端にあるポジションがセンサーとなり、崩れ始めたとたん全てのポジションをクローズするという大胆なトレードの方法が主だったようです。

ナンピンとは違い、完全なトレンドフォロー派のトレーダーだったということが良くわかります。

伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)
(2006/07/06)
林 康史

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

コンドラチエフ波動のメカニズム―金利予測の基礎理論

2010.05.04.14:59

トレードを勉強している人たちは皆さん感じていることだと思いますが、それは簡単であり、だから奥が深い。私もたまには違った視点からトレードを見直すことがあります。その中に長期波動があります。

一般的に知られている波動には、

キチン波動:在庫循環;3~4年サイクル
ジュグラー波動:設備循環;9年サイクル
クズネッツ波動:建設循環;20年サイクル

などがありますが、このコンドラチェフ氏はおよそ52~53年のサイクルを発見しました。
これは別名で『THE LONG WAVE』と呼ばれています。

彼はソビエト社会において、5カ年計画を企画する立場にありながら、資本主義経済の法則を発見してしまい、投獄の後、処刑されるという運命をたどったわけですが、理論は今も受け継がれています。

上昇期:1と下降期:2に大別し、その中をさらに細かく説明しています。

1-A: 緩やかな金利上昇→リフレーション局面 
1-B: 金利高騰→インフレ局面
1-C: 下降への転換期→ハイパーインフレ局面
2-A: インフレが緩やかに低下する中、資産価格が上昇→ディスインフレ局面
2-B: ディスインフレ局面からデフレへの転換点
2-C: デフレ局面
2-D: デフレから脱却して上昇に転換する局面

この本の面白いところは、世界の歴史をこの理論で検証するだけではなく、江戸時代にも遡って解説してくれているところです。江戸時代のコンドラチェフ波動は一循環が41年ということで短くなっています。その理由は、

平均寿命が今よりも短い
農業のウエイトが高く生産過程が単純
波動の起動要因が自然現象と結びついている

ということだそうです。

サイクル理論に興味のある方はお勧めです。

コンドラチエフ波動のメカニズム―金利予測の基礎理論 (MINERVA現代経済学叢書)コンドラチエフ波動のメカニズム―金利予測の基礎理論 (MINERVA現代経済学叢書)
(2000/12)
安宅川 佳之

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

ディナポリの秘数フィボナッチ売買法

2010.05.04.14:31

この本は私にとってバイブルのような本です。ジョーディナポリ氏によって書かれたこの本の内容は全てが実際のトレードで参考になるものばかりでした。

通常の遅行指数とは別にオリジナルの先行指標を築き上げ、またトレードの中でのトレンドの転換の読み方を詳しく紹介しています。さらにRSIのような買われ過ぎ・売られ過ぎを知らせる独自のオシレーターなども興味深いものがあります。ポジションを持つ時のタイミングだけではなく、決済のタイミングなどもフィボナッチ数を利用して、単純明快に説明してくれている本です。

私自身のトレードの根幹をなす理論ですが、興味のある方は是非ご一読ください。

ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ)ディナポリの秘数フィボナッチ売買法―押し・戻り分析で仕掛けから手仕舞いまでわかる (ウィザードブックシリーズ)
(2004/11)
ジョー ディナポリ成田 博之

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み

2010.05.03.14:27

テクニカル分析では必ずと言っていいほど利用されるものですが、その本来の意味を理解して利用している人たちは意外に少ないものです。相場の研究を開始するといつか統計学に辿り着いてしまうと思いますが、その中でも標準偏差という考え方があります。

標準偏差を利用し、過去のデータに遡り、逆算して導き出したものがボリンジャーバンドです。

著者自身、これはテクニカル分析とファンダメンタル分析の融合であるラショナル分析だと述べていますが、そういう捉え方もできるかもしれません。

特に参考になった点はバンドスクィーズとダブルボトムの考え方です。
これはボリンジャーバンドを利用してトレードをする方なら一度は読んだ方がいいと思います。

ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)
(2001/12/22)
ジョン・A・ボリンジャーJohn A. Bollinger

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

相場師一代

2010.05.02.21:31

相場の勉強ばかりしていると、たまには息をつきたくなる瞬間があります。
そういうとき、やはり相場の世界では伝説的になった人たちの本をよく読むのですが、中でも好きな本がこれです。
相場師一代 (小学館文庫)相場師一代 (小学館文庫)
(1999/09)
是川 銀蔵

商品詳細を見る

言わずと知れた最後の相場師と言われる是川銀蔵氏の一生が書かれた本です。

御本人が93歳の時に書いた本だということですが、その内容は生き生きとして躍動感があり、まるで20歳の人間が描いた錯覚に陥るような本です。

もし、是川銀蔵氏が今の時代に生きていたら、どのようなトレードを行ったのか。
常に完全燃焼という生き方には気迫を感じさせられます。
とても考えさせられる本だと思います。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
日経225トレーダー日記
独自の手法でトレード中

Dinapoli Rider

Author:Dinapoli Rider
3年近く引き籠って本を読み、研究を重ねてきました。いろいろな本から自分自身の分析方法を見つけだし、独自のスタイルでトレードをしています。

Skype
ログイン状態
Blog Link
Link
カテゴリ
FX (12)
RSI (1)
株式投資の名言
タイ・バンコクのホテル予約
最新記事
免責事項 事前危険告知
このブログに記載される一切の内容は閲覧者に対するトレードの指示等ではありません。全てのトレード等は自己の判断でお願いします。このブログを閲覧する全ての方のトレード等による損失に関しては一切の責任は負いかねます。事前に告知させていただきますので、予めご了承の上ご覧ください。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
ブロとも一覧

平凡な会社員の片手間投資日記
最新トラックバック
月別アーカイブ
Golf
HP Directplus
Yahoo Shoping
Click
Amazon
ブロとも申請受付中

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。