FC2ブログ

日本国倒産への13階段―もう止められない!日本はこうして壊れていく

2010.06.05.22:51

この本は2004年11月に初版されています。日本という国が13の階段を経て、崩壊していくという予測を立てています。
副題では「もう止められない!日本はこうして壊れて行く」とも書かれています。

それでは具体的にどういう階段を下って行くのでしょうか。

1.株価崩壊
2.為替崩壊
3.国際崩壊
4.財政崩壊
5.銀行崩壊
6.雇用崩壊
7.食糧崩壊
8.年金崩壊
9.病院崩壊
10.情報崩壊
11.安全崩壊
12.生活崩壊
13.政治崩壊

上記の階段を下ることにより、日本国が崩壊するそうです。

確かに現在のようなデフレ状況にあり、雇用統計や国債の発行額などを見ても、楽観視できる数字は見当たりません。しかしながら、日本国という国が崩壊した後のシナリオはどうなるのでしょうか。不安を煽ることはひとつの手段かもしれませんが、個人的には日本という国は遅からず復活すると思います。

もちろんデフレを脱却した後に来るであろうインフレによる本質的な通貨の価値などの下落は避けられないと思います。しかし、それにより歴史が繰り返してきたような経路を辿り、やはり日本は復活するのではないでしょうか。

著者の意見はある期間内では納得できるものですが、個人的にはさほど悲観的ではありません。参考程度に読めばいい本のような気がします。

日本国倒産への13階段―もう止められない!日本はこうして壊れていく日本国倒産への13階段―もう止められない!日本はこうして壊れていく
(2004/10)
青柳 孝直

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

マルチモニター設置ならHPがお勧めです。


スポンサーサイト



スターバックス5つの成功法則と「グリーンエプロンブック」の精神

2010.06.05.11:24

この本は2007年の11月に翻訳されて日本で出版されています。リーマンショック前のお話でスターバックスが絶好調だった頃の本とも言えるでしょう。

シアトルで最初の一店舗目を作った後、いかにして会社が拡大していったのかということを第三者である著者のジョゼフ・ミケーリ氏が内部での長期間に渡る聞き取り調査?とでも言えるインタビューなどでその根本に潜んでいる成功の原因を解きほぐしていきます。

彼らが大切にしている気持ちは5つあります。

・歓迎する
・心をこめる
・豊富な知識を蓄える
・思いやりを持つ
・参加する

もちろんこれはスターバックスだけにあてはまるものではなく、様々な業種にあてはまると思いますが、それを末端まで浸透させることがいかに困難なことであるのかということが現在の多くの企業の課題だと思います。

読み通して何点か記憶に残ったことがあります。

・サードプレイス:これは会社でも家でもない。もうひとつの自分がくつろげる場所になる。

・紙コップをカバーする茶色の帯:持つときの熱さを防ぐために2年近くいろいろな方法を模索している期間の代替策だったあの熱さ防止用カバーは結局良い答えが見つけられないということで本格採用される。

・コーヒーの鮮度:コーヒーの鮮度を保つためのパック方式が完成しない間は遠距離での開店をずっと控えてきた。

・日本での出店に対し、数ある企業からの申し出から「アフタヌーンティー」をすでに展開していた株式会社サザビーリーグを選んだ。

等など、あらゆる面で顧客へのサービスを重要視しています。もちろんそれに加えて従業員への参加の意識を高めさせるための努力も相当のものだと感じました。

現時点でのスターバックスは不景気という外部要因も加わり大変な状況だとは思いますが、成功の本質を理解している経営陣であれば、この難局を乗り越えることができるのではないかと思います。

興味のある方は一度ご覧ください。

スターバックス5つの成功法則と「グリーンエプロンブック」の精神スターバックス5つの成功法則と「グリーンエプロンブック」の精神
(2007/10/24)
ジョセフ・ミケーリ

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

マルチモニター設置ならHPがお勧めです。


日経225トレーダー日記
独自の手法でトレード中

Dinapoli Rider

Author:Dinapoli Rider
3年近く引き籠って本を読み、研究を重ねてきました。いろいろな本から自分自身の分析方法を見つけだし、独自のスタイルでトレードをしています。

Skype
ログイン状態
Blog Link
Link
カテゴリ
FX (12)
RSI (1)
株式投資の名言
タイ・バンコクのホテル予約
最新記事
免責事項 事前危険告知
このブログに記載される一切の内容は閲覧者に対するトレードの指示等ではありません。全てのトレード等は自己の判断でお願いします。このブログを閲覧する全ての方のトレード等による損失に関しては一切の責任は負いかねます。事前に告知させていただきますので、予めご了承の上ご覧ください。
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
FC2カウンター
ブロとも一覧

平凡な会社員の片手間投資日記
最新トラックバック
月別アーカイブ
Golf
HP Directplus
Yahoo Shoping
Click
Amazon
ブロとも申請受付中

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR