スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一目均衡表の研究

2010.05.04.14:11

一目山人が開発した一目均衡表を著者が社内の勉強マニュアルとして当初書き始めたということです。

基本となる転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンの説明から始まり、各々の線を見てどのように判断するのかという判断ポイントまで言及しています。

また波動の種類、値幅観測のための計算方法も見逃せません。

個人的に参考になったことは好転に至る以下のステップです。

1.転換線に押さえられ下げ続いた相場がようやく転換線を突破・・・打診買い
2.次いで基準線を突破するか、または均衡表が好転↓
3.遅行スパンが好転
4.実線が抵抗帯の下限を突破
5.実線が抵抗帯の上限を突破

2もしくは3のステップで本格的な上昇相場になる確率が高いそうで、買いのタイミングであるということです。

今でも日経先物などの取引にはこの分析方法を利用する方々がたくさんいらっしゃいます。
内容もとてもわかりやすいのでお勧めです。

一目均衡表の研究一目均衡表の研究
(1996/11/30)
佐々木 英信

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

日経225トレーダー日記
独自の手法でトレード中

Dinapoli Rider

Author:Dinapoli Rider
3年近く引き籠って本を読み、研究を重ねてきました。いろいろな本から自分自身の分析方法を見つけだし、独自のスタイルでトレードをしています。

Skype
ログイン状態
Blog Link
Link
カテゴリ
FX (12)
RSI (1)
株式投資の名言
タイ・バンコクのホテル予約
最新記事
免責事項 事前危険告知
このブログに記載される一切の内容は閲覧者に対するトレードの指示等ではありません。全てのトレード等は自己の判断でお願いします。このブログを閲覧する全ての方のトレード等による損失に関しては一切の責任は負いかねます。事前に告知させていただきますので、予めご了承の上ご覧ください。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
FC2カウンター
ブロとも一覧

平凡な会社員の片手間投資日記
最新トラックバック
月別アーカイブ
Golf
HP Directplus
Yahoo Shoping
Click
Amazon
ブロとも申請受付中

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。