スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンロン崩壊の真実

2010.09.14.10:17

この本は今世紀に入り、全米を震撼させた史上最大級の経営破綻について書かれた本です。LTCMの破綻について書かれた本とは少し異なり、現在進行形であり、まだまだ不透明で解決されていない点も多く、謎を秘めた内容になっています。

もともと天然ガス会社であったエンロンがいかにして巨大な企業にのし上がっていくか、またその中心となる事業がヘッジファンドであったことも書かれています。

本来のマーケットは買い手と売り手に分かれますが、エンロンは自らがマーケットメイカーになることにより、天然ガスの市場を牛耳ることになります。

天然ガスにとどまらず、インターネットや水道事業などに手を広げて行った点は破綻する会社に共通していることかもしれません。

もうひとつ大きな問題は民主党と共和党の両方の議員に対し、巨額の献金をしていたことです。日本で言えば、リクルート事件がそうだったようにこれにより様々な便宜を図られていたということは容易に察しがつきます。

破綻後、経営陣はもちろん追求の場に追いやられますが、真実を最も知っていたと言われた一人の役員が自殺をします。警察は断固として自殺と認定しますが、サインのないブロック体で書かれた遺書などがどうしても他殺であったような気がしてなりませんでした。

読み終えるとお金がすべてではないという気持ちが沸々と湧いてくる本だと思います。

興味のある方はご一読ください。

エンロン崩壊の真実エンロン崩壊の真実
(2002/11)
ピーター フサロロス・M. ミラー

商品詳細を見る


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

マルチモニター設置ならHPがお勧めです。

スポンサーサイト

comment

Secret

日経225トレーダー日記
独自の手法でトレード中

Dinapoli Rider

Author:Dinapoli Rider
3年近く引き籠って本を読み、研究を重ねてきました。いろいろな本から自分自身の分析方法を見つけだし、独自のスタイルでトレードをしています。

Skype
ログイン状態
Blog Link
Link
カテゴリ
FX (12)
RSI (1)
株式投資の名言
タイ・バンコクのホテル予約
最新記事
免責事項 事前危険告知
このブログに記載される一切の内容は閲覧者に対するトレードの指示等ではありません。全てのトレード等は自己の判断でお願いします。このブログを閲覧する全ての方のトレード等による損失に関しては一切の責任は負いかねます。事前に告知させていただきますので、予めご了承の上ご覧ください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
ブロとも一覧

平凡な会社員の片手間投資日記
最新トラックバック
月別アーカイブ
Golf
HP Directplus
Yahoo Shoping
Click
Amazon
ブロとも申請受付中

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。