スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストックホルムの密使

2010.11.25.17:19

第二次世界大戦の終盤、スウェーデン駐在武官の大和田市郎は連合国側の極秘情報を手に入れる。それを日本の大本営に知らせようとするが、暗号文も本国側の取り扱いで上部まで届かない。思い立った末に、日本国籍を失ったという森四朗と以前から情報を流してくれていた元ポーランド情報将校のコワルスキに在スイス日本公使館に向かうように依頼する。

スイスまで死を覚悟して向かうが、ようやく辿り着いた先では相手にされず、盗聴されたため、連合国側から命を狙われることになる。その後、ソビエトに入り、日本に行くしかないと決意した二人は満州を目指すというストーリー。

この極秘情報はソビエトは中立条約の期限切れからしばらくして日本に参戦するということ、そしてアメリカがすでに原子爆弾の製造と実験に成功していたということである。

アメリカは戦後の主導権を握るため、またその力を世界に知らしめるため、原子爆弾を落とす必要があった。またソビエトはアメリカが原子爆弾を落とすことにより、日本がより早い段階で降伏されると領土などの主張が通らない可能性があったので、広島に原爆が落ちた後、すかさず参戦した。

そういう筋書きでした。

戦中当時の様々な立場の日本人の考え方が伝わってくるような本でしたが、情報の操作がいかに多大な被害を及ぼすことになるのか、また大衆が一度ある方向を向いてしまったら、なかなか方向転換ができないという恐さを思い知らされた一冊でした。

興味のある方は是非ご一読ください。
お勧めの一冊です。

ストックホルムの密使〈上〉 (新潮文庫)ストックホルムの密使〈上〉 (新潮文庫)
(1997/11)
佐々木 譲

商品詳細を見る


ストックホルムの密使 (下巻) (新潮文庫)ストックホルムの密使 (下巻) (新潮文庫)
(1997/11)
佐々木 譲

商品詳細を見る


いつもブログをご覧いただき、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

マルチモニター設置ならHPがお勧めです。

スポンサーサイト

comment

Secret

日経225トレーダー日記
独自の手法でトレード中

Dinapoli Rider

Author:Dinapoli Rider
3年近く引き籠って本を読み、研究を重ねてきました。いろいろな本から自分自身の分析方法を見つけだし、独自のスタイルでトレードをしています。

Skype
ログイン状態
Blog Link
Link
カテゴリ
FX (12)
RSI (1)
株式投資の名言
タイ・バンコクのホテル予約
最新記事
免責事項 事前危険告知
このブログに記載される一切の内容は閲覧者に対するトレードの指示等ではありません。全てのトレード等は自己の判断でお願いします。このブログを閲覧する全ての方のトレード等による損失に関しては一切の責任は負いかねます。事前に告知させていただきますので、予めご了承の上ご覧ください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
FC2カウンター
ブロとも一覧

平凡な会社員の片手間投資日記
最新トラックバック
月別アーカイブ
Golf
HP Directplus
Yahoo Shoping
Click
Amazon
ブロとも申請受付中

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。