スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッグ&ペナント

2010.05.28.00:36

フラッグとペナントは先物市場では比較的頻繁に見られます。

やはりコンティニュエーションパターンに属し、急激な上昇や下降の行き過ぎがあり、市場が同じ方向へ動き出す前に必要となる息つきのための一時休止の場所になるそうです。

例えば、ブル相場のケースではパターン形成に入る前に、大量の出来高と急激な価格上昇が見られ、次にこのパターンが形成されるに従い出来高は減少し、その後突然活発な取引の中で上昇するという傾向があるようです。

フラッグは旗のような形を言いますが、ブル相場の場合はこの旗は少し右肩下がりになります。それまで一辺倒に上昇してきたラインがちょうど旗の棒の部分とも言えるでしょう。右肩下がりになると相場が値を崩すような気がしますが、このフラッグが出た時はその逆で上昇する寸前であるということです。

ペナントはシンメトリカルトライアングルと同じような形状です。

フラッグとペナントに共通して言えることは、短期を判断するパターンであるということです。期間はおよそ1週間~3週間以内に完成されることが多く、下方トレンドでのペナントやフラッグは特に短期間で形成され、1週間~2週間くらいと言われています。

ブレイクする際の出来高が増加する点も共通点です。

目標設定の考え方は、このフラッグやペナントを支える棒の長さと同じくらいの長さでトレンドが継続するということですから、単純に倍にすればいいということになるようです。

さらに詳しく知りたい方には以下の本がお勧めです。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

日経225トレーダー日記
独自の手法でトレード中

Dinapoli Rider

Author:Dinapoli Rider
3年近く引き籠って本を読み、研究を重ねてきました。いろいろな本から自分自身の分析方法を見つけだし、独自のスタイルでトレードをしています。

Skype
ログイン状態
Blog Link
Link
カテゴリ
FX (12)
RSI (1)
株式投資の名言
タイ・バンコクのホテル予約
最新記事
免責事項 事前危険告知
このブログに記載される一切の内容は閲覧者に対するトレードの指示等ではありません。全てのトレード等は自己の判断でお願いします。このブログを閲覧する全ての方のトレード等による損失に関しては一切の責任は負いかねます。事前に告知させていただきますので、予めご了承の上ご覧ください。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
ブロとも一覧

平凡な会社員の片手間投資日記
最新トラックバック
月別アーカイブ
Golf
HP Directplus
Yahoo Shoping
Click
Amazon
ブロとも申請受付中

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。